フリーダイヤル0120-756-314

東京都・都内の墓地のご紹介(お墓探し)、墓石の施工(デザイン墓石)、都立霊園等公営霊園の墓石工事、ペット墓石の株式会社ベルストーン工房

株式会社
ベルストーン工房

簡易地図

〒113-0033
東京都文京区本郷
三丁目9-5 5F

フリーダイヤル 0120-756-314
TEL 03-3815-3617

確かな建墓で永久のやすらぎを

株式会社ベルストーン工房では、ご予算並びに環境や立地を考慮したうえで東京都(都内・23区)を中心に厳選された優良寺院墓所墓地)のご紹介と、都立霊園等公営霊園の墓石工事を行っております。 また私共で設計、施工致します墓石は、すべてオーダーメイド(オリジナル)となっております。 オリジナリティー溢れる墓石はもちろん、家族の一員でもありますペット墓石にも対応しております。

お墓は近くに建てるのが一番です。故人となられた方、ご先祖様の供養用として我が家のお墓をお建てになってみませんか?

お墓探しでお悩みの方には無料にてお車での送迎を行い、墓地墓所をご案内しております。アットホームな雰囲気のスタッフと共にお墓探しをしてみませんか?

古い墓所墓石)の修理やご移転なども承っております。ぜひ一度株式会社ベルストーン工房へお問い合わせください。

墓地・寺院検索
右の地図の区名をクリックすると東京(都内・23区)の寺院墓地を検索できます。
詳細検索
東京都23区地図
新着情報
2019-05-05 弥勒寺墓苑新規区画予約受付中!
森下駅近くに在ります弥勒寺墓苑では、今までの区画は完売しましたが、地域のご要望にお応えすべく新規にこの度32区画増設しました。只今先着順に受付中です。今ですとお気に入りの区画がお求めになれます。令和元年という縁起の良い幕開けに、新時代の我が家のお墓をご検討なさってみてはいかがでしょうか?区画は全て希少な新地(未使用墓地)で、家族の絆を重視した土に還せるお墓です。詳しくは【0120-756-314】伊藤まで
2019-01-24 墓じまい承ります。
都内及び首都圏100Km以内にお墓をお持ちで墓じまい(原状回復)されたい方、割安価格にて承ります。目安の工事価格は、地面(参道等の)よりお墓の地面が30冦ち上がりで平坦な場合4屐蔑遽狹の一般墓地)で、およそ24万円、1屬了院墓地でおよそ10万円です。詳しくはフリーダイヤル【0120−756−314】伊藤までお問い合わせください。
2018-11-20 ネットでは分からない寺院の内実
世はまさに情報の時代、ネットでは寺院の情報も溢れています。しかし表面的なことばかりで、寺の経営状態、システム、ご住職の人柄等の内実まで分かりません。私共がご紹介する寺院は、長年お付き合いがあり、そのようなことを知り尽くしておりますので、安心してお薦めできる所ばかりです。既にご縁があって、その寺にお墓をお建てになられた方々の感想をも考慮に入れてのご紹介です。
2018-11-20 お墓は呼吸しているってホント?
ご先祖様が、そのお墓にあたかも呼吸して眠っていると言う尊崇な想いからそう言われているのだと思います。自然なお墓は、晴れた日には乾燥し、雨の日には湿って、と言った具合にカロート(納骨棺)の中と外気はある程度同調しています。良く地方の何代も続く旧家のお墓を改修する際に、面倒だからと言って、いくつもあるお石塔の下の御骨を掘り出さず(昔は土葬でした)、雑草が生えないようにと、お石塔だけ取り外し、コンクリートで塗り固めてしまう例を見聞きしますが、それこそご先祖様が呼吸できず、しかもご先祖様を踏みつける事になるので感心しません。そのような場合は、御骨を掘り出し焼骨し、五輪塔などをお建てになり、改めて納骨して、ご供養さしあげるのが宜しいかと思います。
2018-11-20 最近のお墓事情に関する素朴な疑問
Q:最近、雨の日にも濡れずにお墓参りができると言う謳い文句で、室内墓所が出て来ていますがどうなんでしょうか?A:確かにTV等で盛んに宣伝してますが、私共としては、自然に全く触れずしてお墓参りすることは、文字どおり不自然と思っております。本来、四季の風に触れ、お花、線香を捧げ、お石塔を拭き、雑草が生えていれば除草する(とは言え都内では雑草は余り繁茂しません)、と言った一連の行為がお墓参りなのです。人間は自然に生まれ、自然(土)に還って行くもので、エレベーターで上がって行き、カードを入れ、ベルトコンベヤーで仏様を運んでくると言った所では、自然もなく何年経っても土に還れません。Q:建物で大丈夫なのでしょうか?A:一般的に言って鉄筋コンクリートのビルの耐用年数は、せいぜい40年〜50年でしょう、想像するに建て替えの時は大変だと思います。地震も有りますし・・何分にもこの様な室内墓所は、出現して間もないので歴史も浅く、色々な面で未知な部分が多いです。ただ、屋外の自然な墓所ですと戦国、江戸時代のものが未だに健在です。いずれにしましても、生きた証しとして永遠に使用する我が家のお墓を、一時の流行、メディア等に惑わされることなく、熟慮してお決めになることが肝要です。Q:ありがとうございました。